上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
FDひろさん主催の夏の祭典
「燃えコン弐」にて
レッドミラージュ公開中♪


レッドミラージュ燃えコン弐!!

密かに・・・、8月中に完成させていました(笑
実はn.兄さん家のブログで紹介して頂いていますw

今まで家のサイトにて公開していなかったのは、やっぱり夏の祭典である「燃えコン」に参加したならばその公開後にこちらで~というのが良いだろう、という考えからです。

ちなみに去年は同時期に公開しました。

今年はシンたろーさんからヴェルデバスターを投稿して頂きましたので(超嬉しい)
キラホビでの公開はもう暫く後にします^^




そうそう、それとさ・・・ずっと前から気になっていたんですが・・・
言おうか言うまいか悩んでいたんですが・・・、

ネタとしてこれはもうたまらんw


と言う事で今日の今まで暖めていたモノを紹介

それはこちら↓↓
燃えコン



ぇ?これがどうしたかって?
エントリー表でしょ?だって?


ネタの真相は続きからど~ぞ”
Read more >>
スポンサーサイト
WHAT'S NEW!!

ゲストギャラリーにシンたろーさんのヴェルデバスターをUP致しました!!
ヴェルデバスター

ゲストギャラリーはこちらからどうぞ!

ガンダムSEED C.E.73 -STARGAZER-に登場する三つの機体の中でも特に自分が好きなのがこのヴェルデですね!
バスターも好きですが、ヴェルデもまた良い感じで厳つくて良いですね~、そしてこの重火器装備のMSっていうのが良い!

ちなみにこの作品は塗分けをオリジナルアレンジされているのですが、コレが追加ディティールと相俟ってカッコイイのである!
ポージングも上手い~♪ 自分も見習わないとw

是非皆さん拝見していただいて、感想を宜しく御願い致します。

えー、テステス

実は日曜日から塔炎・一真さんのHPにてMYヒュッケバイン参戦中であります!

ちなみに、現在
SRW-CUSTOMへと
サイトチェンジしておられます。

srw-custamSRW-CUSTOMへ
勝手に載せちゃってます…、問題があればご連絡を(爆

と、言う事で、塔炎さんのR-GUN君の影にこっそ~りと出演しています。

見てない人は是非塔炎さんのR-GUN&POWEREDを御覧下さい。



さて、久しぶりに模型ネタだったな・・・、

ちょいとここ1・2週間ばかり趣味のウエイトがバンド活動の方に完全に傾いてまして・・・、
昨日も4時間ぐらいぶっ通しで合わせてたし・・・

ライブに向けて気合入れてたりします^^;
 

そ れ と、
意外と時間を取られているのが

担当顧問のヤマーダ先生が

何度訪れても不在で、

来月の休日の「施設使用許可願い」を出せないじゃん!!

と愚痴を言ってみるテスト。


・・・、はい、申し訳ない。

一応もしもしMSVのキットの改修案を練っていたりするわけですが・・・、
グフ飛行試験タイプ
 
・・・、

私この子を上手くリードしてあげられる

自信が全くないのですが・・・、




しかし、ここで考えられる道が二つ!

一つ 潔く素組みでレッツゴー

二つ 他のHGグフ等を流用して・・・徹底改修?


この二つであろう・・・


でも、実は道は一つなのかもしれない・・・

苦難の道へと続く。
先日完成させましたヒュッケバイン。
これはドイツ語で、日本語訳だと凶鳥(災いを招く鴉)。

ドイツ語~で思い出したのが同じスパロボの機体であるビルトファルケン。
これはドイツ語をもじったもので、日本語訳だと野生 鷹。

スパロボは詳しくないのですが、オリジナル機体達はドイツ語が元で、鳥系由来が多いのかな?と思ったけどそうでもなかった。


昨年製作中にそういえば一緒に撮影していたな~と思い出し古い画像フォルダから探してみると・・・ありました。
それはこちら

ちょっと懐かしかったので、箱に収めていたビルトファルケンを取り出してみました。
ヒュッケバインとビルトファルケン
ヒュッケバインとビルトファルケン


バリバリのパール塗装光沢仕上げのビルトファルケン
つや消し仕上げのヒュッケバイン
異なる仕上げの共演。

本当はビルトファルケンの相方はビルトビルガーなのですが、
それは青いビルトファルケンの方なので良しとしてください^^;
それと先にも述べたように鳥類由来の名前という共通点もあるので・・・、ってダメ?

ま、ま、それはおいといて、
つや消しの落ち着いた感じも良いけど、やっぱりパール光沢も良い味がありますね。
・・・パールのつや消し仕上げをしたら面白いんじゃないかと思いついた。今度実験してみるか。
ヒュッケバインビルトファルケン


スーパーロボット大戦のオリジナル機である
RTX-008R HUCKEBEIN ヒュッケバイン
ギャラリーページにロールアウト!
ヒュッケバイン

ギャラリーはこちら

表面処理、サフチェック、塗装、スミイレ、デカール貼り、トップコート、合わせて約一週間でフィニッシュ。

改修自体は昨年の内に終わっていたものの、ゲート跡、合せ目、ヒケ処理、エッジ直し、スジの彫り直しを行っていなくて、「改修した時にやっとけよ!」と自分に突っ込みを入れたり(笑

少し合せ目けしを行ってはいましたが・・・、スチロール系の接着剤(スチロール樹脂系接着剤)を使っていたもんだから合せ目で見事にヒケてました。
今は流し込みと瞬着、あるいは溶きパテでやっているのですが・・・、
スチロール系ヤッパリコワ~~(ガクガクブルブル


ちなみにこのヒュッケバインの形式番号RTX-008にRが付く子には「ブラックホールエンジン」という作動原理が謎の動力機関を搭載されており、このエンジンからの高重力場を射出するという「ブラックホールキャノン」と呼ばれるトンデモ兵器まで持っています。
ヒュッケバイン ブラックホールキャノン

でもね、この子のブラックホールエンジンってさ、異星人のEOT(Extra Over Technology)と呼ばれる技術の一つを使っているわけで、地球人には解読不可。(一人を除く)
よってとても不安定な機体であるとのこと。

なので、運用テスト中にこのエンジンが暴走しちゃって・・・基地ひとつを巻き添えにして消失したという。
デキター


デキター

ギャラリー設置までもう暫くお待ち下さいm(__)m


今日中に完成できるかと思ったのですが・・・明日になりますね、これは。

一応全パーツの塗装は終わり、今スミ入れ最中で、この後デカールを貼り込んで行きます。
そして明日にはTOPコートを吹いて組み立てて、本当に完成となりそうです。

結構面白い色を作ることが出来たのですが、さてどうなる事やら。



さて、昨日言った久しぶりに挑戦中~は、ぶっちゃけあまり効果がなくて軽く凹んでます。

その代わり今回始めて挑戦したものは思ったより良い感じに出来ました。
HDM複製HDM複製

製作記や、複製の進めで紹介している「光硬化パテ」と「おゆまる」を使っての複製を、HDMに応用させて複製しました。

どちらかがマスター、どちらかが複製したもの。

こうやって複製すれば節約に繋がるとは思いますが、その分処理が大変なのであまりお勧めは出来ないですがね^^;

まぁ、一からスクラッチするのは大変だけども、複製をすることで大まかな形状を出して、そこからセミスクラッチのように作ることが出来る感じですね。

「光硬化パテ」と「おゆまる」での簡易複製でも出来ない事は無いという証を示す事が出来たかと^^

来週の土日に我がサークルでライブを開催するため、当日はどうする~、PAセッティングはこうする~、この時間帯出来なくなったんですが変えられます?とかの対応等で色々と忙しくなってきました。

サークルでライブと言いますと~勿論軽音楽部所属しております。
しかも何気に部長をやってたり。
学校から助成金を貰っているのでサークルというよりも、ちゃんとした部なんですよ~


今回のライブは一年生の発表会的なノリが入っているのですが、年末ライブに向けてのちょいと新しくなったPA機器のセッティングを今のうちから行い、何か必要な事、足りない事を早期発見するという目的が影にあります。
OBさんに機材に関してはなんでもござれ、という人が何人もいるため、色々とお世話になっております。勿論演奏の腕も良い!

さ~って、ライブの演奏が楽しみになってきたぞ!



さて、今週公開いたしましたアストレイ君への感想ありがとうございます!!
身に余る感想を頂けて恐縮であると共に、詰がちぃ~っと甘かったと(ちょっとか?)言う事が分かり、まだまだ限られた時間をうまく使っていく力が足りないのだと痛感させられております!

時は金なり!限られた、少ない時間で如何に納得行くものを作れるか?
ということで、現在とあるものを仕上げ中であります!

tosou有彩色直前

今回ある試みを久方ぶりに挑戦中ですが・・・どうなることやら。

上手くすれば明日中には完成出来るはず!・・・です!”

さぁ~って作業作業・・・
ということで、キットを知らない人の為に今回どのような改修を施したのかを紹介していきます!

astray製作中

これは6月頃の胴体周りの改修が終わった時に撮影したものであり、改修中期の段階です。

頭部ブレードアンテナはキットのままだとノペーッと寝たような印象が強いため、それを解消するためにプラ板を前面に貼り形状も変更しております。

腰部のフロントアーマー・・・俗に言われる、ふんどし部(笑)の上部をプラ板で新しくスクラッチしております。
基本はプラ板工作であるのがお分かりいただけるかと思います。

さて、胴体ですが、前作の白虎からの自分の制作スタイルとして、キットの胸部をまず改修するのがマイブームであり、Mk-ⅡVer.1共々作っていました。
やはり、胴体と言うものは四体を支える重要な部分であるためメリハリに欠けるとショボーンである自分。
よってこの部分を改修するのが自分の大好物なのであります!

このとき一緒に制作をしていたMk-ⅡVer.1はこちら
Mk-2胸部


まぁ、このような感じで作っていたわけであります。

この胸部を改修ポイントとしているのはkirarinの作風の一つであると言えるのではないでしょうか?


と言う事で、そういうことを踏まえつつ見ていただけるとまた違った見え方がしてくるかもしれませんよ^^
先ほどMBF-P02 GUNDAM ASTRAY RED FRAME ガンダムアストレイレッドフレームをギャラリーに追加いたしました!

自分が今まで作ってきた中でも過去最高に力を入れた、
正に正真正銘の力作でございます!

astray


画像枚数がいつもより少なめなのはお許しを。ちょいと増えているような増えていないような。

さて、如何でしょうか?

どうもこんにちは、kirarinです。


n兄さんのところで既に紹介して貰っている我が新作アストレイ。

ただいまギャラリー公開に向けてこつこつやっております。

アストレイ
ちょっと手直しを入れてたりします(テヘ

でも、赤の色味が再現できなくて四苦八苦しちょります。


さ~って、これからバイト行ってまいりまする!
皆様どうもWEB復帰致しましたkirarinでございます。


いやはや、8月14日頃にお借りしているサーバーのサーバークラッシュによってキラホビの全データが一度完全消失してしまい8月30日までアクセス不能となっておりました・・・
その間沢山の方に心配をおかけいたしてしまい誠に申し訳ありませんでした。

現在は前までと同じホームページアドレスにてキラホビを運営している次第であります!


しかし、サーバークラッシュする以前に動作していたCGIのブログとBBSが上手く動いてくれなかったり・・・(汗



と言う事でエールさんのお勧めもあり
本日よりFC2ブログに切り替えることに致しました!



そういうわけでして、、、今後ともキラホビをどうぞ宜しく御願い致します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。